八丈島のアシタバ苗をおわけします/あしたば・明日葉

アシタバ(あしたば/明日葉)
HOME
アシタバ苗頒布
アシタバ苗が届くまで
アシタバ苗ご注文方法
アシタバ苗ご注文受付
アシタバ苗お届け状況
特商法に基づく表示
個人情報について
お問い合わせ
八丈島アシタバ頒布会農産部
〒204-8691
東京都清瀬市松山1-46-18
日本郵便(株)清瀬郵便局
私書箱18号
TEL 0120-882-375
FAX 0120-882-893
八丈富士の山中を手作業で開墾していきます。

傾斜地に畑を作るため機械化が困難で、手作業による大変時間のかかる仕事です。 
秋に蒔かれたアシタバの種子は、冬の間徐々に生育を続けますが、暖かくなってくると、一気に生育のスピードを速めます。

一刻も早く皆様のお手元にお届けしたいのですが、生育状況は気温に左右されるため、出荷時期が間近になると「早く暖かくなれ」と祈るような気持ちです。
大切に管理されたアシタバは、春になり、いよいよ出荷できるまでに生育します。

根を傷めないように、収穫も1本1本手作業で行います。収穫後の保管には細心の注意を払い、東京へはいち早く航空便にて出荷されます。
皆様のお手元にお届けできるまでに生育した苗

八丈の溶岩土で生育した苗は逞しいまでに根を広げて大地の栄養分を吸収します。
新鮮なうちに皆様のお手元へお届けします。

細心の注意を払い、苗を傷めないように丁寧に包装されます。

保水シートに包んで、専用の箱に入れてお届けします。
植えてから根付くまで1ヶ月ほどかかります。

根付くまで1ヶ月、苗によってはそれ以上かかる場合があります。根がしっかり張るまでは葉を摘まないでください。
根付く過程で、最初についている茎はすべて黄色く枯れてきますが、心配いりません。
枯れると同時に、根元の茎と茎の間から新しい芽が出てきます。
最初に出てきた新芽2本ほどは光合成のために、30cm以上大きくなってもそのままにして摘まないでください。
その後から出てくる新芽が葉茎合わせて20cm以上になりましたら、その芽を摘んでお召し上がりください。
▲ このページのTOPへ
Copyright (C) 八丈島アシタバ頒布会農産部 All Rights Reserved.